RSS
Admin
Archives

nature-farm watanabe

果物の収穫、イベントなどのご案内や当園からのメッセージです!

プロフィール

渡辺果樹園

Author:渡辺果樹園
渡辺果樹園のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04
05


22:57
Category : 未分類
新社会人へ
凄まじい風が吹き荒れました。周辺でも、ビニールハウスが破れる等の被害が続出です。

今年は近年まれに見る大雪でしたが、やっと消えたところの自然災害です。我が家もギリギリのところで、しのぐことが出来ました。何かと厳しい天候が続きます。

写真は現在のぶどう畑。積もった雪もすっかり無くなり、地面には、春を待ち望むように草も。

新社会人に向けて、伊集院静さんのエールが心に響きます。

『リンゴの花のあの白の美しさも、果汁のあふれる美味しさも、厳しい冬があったからできたのだ。風に向かえ。苦節に耐えろ。常に何かに挑む姿勢が、今、この国で大切なことだ。』・・・と。

頑張ってみるか!
スポンサーサイト
2012.03
11


14:26
Category : 日記
今そこにあるもの。 3.11
11日、福島にいました。たまたま自分の都合です。

午後2時46分、黙祷。当たり前に、同じように時は過ぎたように感じました。きっと地元の方々にとっては、私が絶対に想像できない何かがそこにあるのだと思います。

何も出来てないから、せめて夕食くらいは浜辺の食堂でと、看板すら見逃しそうなお店にたまたま入りました。

...お店のご主人によると、元々の食堂は流されたそうです。今のお店は海の家の間借りだと。原発で修復作業に従事している方が食事を済ませた直後でした。半年、住み込みだそうです。

ご主人は海底そのもの地形が変わってしまったと、原発復帰従事者の方は、以前の豊かだった海がダメになったと淡々と語られてました。

不謹慎ですが、そこに悲壮感は感じませんでした。ごく普通に会話が進んだからなのかもしれません。その裏には計り知れない覚悟があるのかもしれません。

陳腐ですが、「当たり前にそこにあるべきものがあるありがたさ」を大切にしなければと思いました。

画像はいわき市の山中です。
2012.03
01


10:42
Category : ルレクチェ
春待ちルレクチェ
今朝の果樹園。霜がびっしりと枝々を覆ってます。

朝のエネルギーに満ちた、それはそれは幻想的な風景です。

差し込んだばかりの朝日を浴びて、霜をまとったルレクチェの芽は、静かに春をまつのです。
2012.02
29


10:12
Category : ルレクチェ
日の出
今年は雪が遅くまで残っています。朝はかなり冷えるのですが、キーンとした空気が僕は好きです。
2012.01
01


17:50
Category : 日記
身が引き締まります
昨年は大変お世話になりました。

今年もよろしくお願いいたします。

元日の朝は畑巡り。それぞれの品種に御神酒を捧げます。

父親からの習わしを私も。

昨年の感謝と慰労、今年のご挨拶を声を出して行います。園主に似て、お酒はけっこう好きなはず。

多くの木々と共に皆様の1年が順調でありますように。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。